「国際海の手文化都市」横須賀の市制100周年を記念して開館した横須賀美術館。自然豊かな観音崎公園の中でも、三方を緑の山に囲まれた谷戸状の地形を持ち、北側は東京湾に向かって大きく開けている。海上を行き交う船も眺められる屋上広場や四季折々の景色が楽しめる海の広場はもちろんのこと、建物の中にいても常にまわりの自然を感じることができる開放的な美術館。館内へは海側・山側のどちらからでも自由に出入りできるので、観音崎公園内に点在する灯台や自然博物館、砲台跡などをめぐりながら一日ゆったりと過ごすデートコースにおすすめ!

住所 神奈川県横須賀市鴨居4-1 Map
アクセス横浜横須賀道路馬堀海岸ICから3km(約5分)
JR「横須賀」駅または京浜急行「馬堀海岸」駅より「観音崎」行きバス 「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」下車、徒歩2分
HP https://www.yokosuka-moa.jp/
恋人の聖地 関東

デートプラン

10:00 東京湾を一望

観音崎は東京湾に突き出た岬。広大な観音崎公園の中には変化に富んだ自然美あふれる岩場と砂浜、各種園地や自然博物館、レストランなどが点在する。美術館屋上広場からの眺めは抜群。晴れた日には東京湾越しに房総半島が見えることも。潮風に吹かれながら散策を楽しもう。ペントハウスには恋人の聖地プレートが設置されているので、海をバックにプレートをはさんで二人の記念撮影ができます

12:00 自然と一緒に出会うアート

建物全体がガラスで覆われている横須賀美術館。正面入口から入ると、そこは木漏れ日のような柔らかな光に包まれる吹き抜けの大空間。展覧会を見に来た人やライブラリーを利用する人、公園を散策する人などが、立体的に回遊しながらアートに出会うことができるような様々な仕掛けが。

13:30 思い出に残るランチタイム

目の前に青い海が広がるレストラン「アクアマーレ」。テラス席なら海風や森の木のにおい、鳥の声まで味わえる。地元で採れた野菜、東京湾で水揚げされた魚介類を使ったイタリアンは、彩りも豊かに横須賀の四季を感じるメニュー。デートの思い出にも一役買いそう。

15:00 海を身近に感じるスポット

「海の広場」は海に面した大きな芝生の広場。寝転んだり、散策したりお弁当を広げたり自由に利用できます。四季折々に異なる景色を眺めながら、楽しいひとときを。若林奮の鉄の彫刻《ヴァリーズ》が設置されているので、アートを楽しみながらその深い谷底を歩くことも。

16:00 アートを持ち帰る

展覧会のカタログや絵葉書、美術関連の書籍や収蔵品のグッズなど、ここでしか手に入らないグッズが揃うミュージアムショップ。日常の中でも楽しめるアートを記念に持ち帰ろう。

PickUp インフォメーション

開館15周年 生誕120年 猪熊弦一郎展

猪熊弦一郎(1902~1993)は20世紀日本を代表する画家です。香川県に生まれ、東京美術学校で藤島武二に師事しました。1934年までは帝展で、1936年に新制作派協会を結成すると以後同展を中心に作品を発表しました。1938年渡仏し、マティス、ピカソと交流。第二次世界大戦の戦火を逃れて帰国した後はフィリピン、ビルマに派遣され作戦記録画を制作、戦後は三越百貨店の包装紙デザイン(1950年)をはじめ、慶應義塾大学学生ホール(1949年)や上野駅中央コンコース(1951年)の壁画を手がけるなど、社会とのかかわりを強めていきました。1955年再渡仏の途上で立ち寄ったニューヨークに魅せられ同地に留まり約20年間制作を続け、1975年からはハワイと東京を拠点に制作するようになりました。少年時代を過ごした丸亀市に猪熊弦一郎現代美術館が1991年に開館すると所蔵する全作品を寄贈しました。 本展では、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館のご協力のもと、代表作とともに壁画やデザインの仕事に関する資料、身近な素材で作ったオブジェなど約100点を展示し、多才な画家の全貌に迫ります。

横須賀美術館別館/谷内六郎館

横須賀・鴨居にアトリエを構え、戦後社会の夢と現実をほのぼのと表現した谷内六郎。その代表作《週刊新潮・表紙絵》を中心とした展示。建物の中庭からは、目の前の海を一望することができ、浦賀水道を行き交う船や、晴れた日には房総半島まで見渡せる心地いい空間。

屋上広場

森からの散歩道とつながっている美術館の屋上広場。ここは行き交う船が、まるで動く彫刻のように見える海の展望台。森から館内へ、館内から海へ、散歩道で疲れたら、屋上広場で海を眺めながら休憩を。

四季折々の花

春は桜、梅雨は紫陽花、夏は合歓の木、秋は百日紅…季節により敷地内に咲く色々な花を楽しむことができます。 特に梅雨の時期に園路をぐるりと囲むように咲く紫陽花は株も大きく見ごろ、当館の隠れたベストシーズンの一つです 展覧会を見終わった後は敷地内を散策し、カップルで心やすらぐひと時をお過ごしください。