REPORT 恋人の聖地 第3回 地域活性化大賞 募集

全国の地方自治体、団体の「恋」「恋愛」をテーマとした持続可能な地域活性化・少子化対策への取組ならびに様々な地域資源、環境資源との組み合わせによる取り組みを募集し、優れたものを表彰します。

募集内容

「恋」「恋愛」をテーマとし、各地の様々な地域資源、環境資源を活用した持続可能な地域活性化・少子化対策への取り組みを地域活性化事業として発展させた事例のうち、地域ブランドづくり・魅力づくり・エコツーリズムの推進等により、地方への新しい人の流れを作り新たな事業を生み出し雇用の創出を図る取り組み、ICTを活用した幅広い地域活性化事業(観光事業、定住促進事業、地場産業支援、教育文化事業、中小企業支援事業)、少子化対策事業(結婚支援事業)への取り組みなど、先進的、特徴的で発展性のある取り組みの事例を募集。

・地域活性化 大賞

・観光庁長官賞

・JTB賞

・審査員賞

■選定基準

(1)地域の新たなブランドづくり・魅力づくりに貢献しているか

(2)来訪者に対して自然環境や歴史文化など、地域固有の魅力を伝えられているか

(3)来訪者にとって魅力的な観光コンテンツとなっているか

(4)来訪者、一般市民の興味を引く内容となっているか

(5)イベント、広報活動など取り組みの発展性や拡散性があるか

(6)ICTの活用など先進的な取り組みとなっているか

(7)SNSその他、来訪・集客促進のための情報発信方法等の工夫がなされているか

(8)地元の団体・企業が参加、利用できるハード、ソフトが整っているか

(9)他地域の自治体、団体、企業においても活用できる取り組みであるか

(10)訪日外国人に向けて日本の魅力ある自然環境の発信として評価されるものであるか

(11)訪日外国人観光客に向けた取り組みとしても評価されるものであるか

(12)サスティナブルツーリズムに対する理解と実践がなされているか

審査員

・桂  由美(ファッションデザイナー/恋人の聖地選定委員)

・片山さつき(元地方創生担当大臣、参議院議員)

・大岡 敏孝(前環境副大臣、衆議院議員)

・三原じゅん子(参議院議員)

・溝畑  宏(大阪観光局 理事長/元観光庁長官/恋人の聖地選定委員)

・田川 博己(株式会社JTB 取締役相談役/NPO法人地域活性化支援センター顧問)

・假屋崎 省吾(華道家/恋人の聖地選定委員)

・志垣 恭平(NPO法人地域活性化支援センター 理事長)

・IMALU(タレント・アーティスト/恋人の聖地親善大使)

■募集期間

令和4年9月1日(木)より10月15日(土)18時必着

■審査発表

1次審査、最終審査を行い、11月15日に発表表彰式を行います。

授賞記者発表会 2022 年11 月15 日(火)開催

会場:青山セントグレース大聖堂(東京都港区)

■応募方法

応募要項による地域活性化と少子化対策の取り組みを、応募様式にまとめメール添付して送付ください。(様式は下記よりダウンロードいただけます。)

■宛先

「恋人の聖地地域活性化大賞応募」と明記の上送信してください。

恋人の聖地観光協会事務局 (メール) info02@aasc.or.jp

■お問合わせ

恋人の聖地観光協会事務局(NPO法人地域活性化支援センター内)

メール:info02@aasc.or.jp  電話:054-252-3481

■主催

恋人の聖地観光協会、NPO法人地域活性化支援センター

■後援

観光庁

株式会社JTB

2021 年 恋人の聖地 第2 回地域活性化大賞