恋人の聖地|ココからはじまる、幸せ広がれプロジェクト。

サテライトへGO! - 各地の聖地をサポートするサテライト急増中!

あしかがふらわーぱーく
あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

1968年に「早川農園」として開園。“250畳の大藤”として親しまれてきたが、都市開発のため現在地に移転し、あらたに「あしかがフラワーパーク」としてオープンした。シンボルツリーといわれる大藤4本と、80mにもおよぶ白藤のトンネルは栃木県天然記念物。見頃は4月下旬から5月中旬くらいで、うす紅、紫、白、黄色の順番で350本以上の藤が次々と満開になり、約1ヶ月あまり楽しめる。CNNより、映画「アバター」の魂の木のような幻想的な光景が広がると賞賛され、「2014年 世界夢の旅行先9ヶ所」に、日本で唯一選ばれた。
園では「8つの花の季節」という1年に8つのテーマを設定。それぞれの季節に数百株の花木が花をつけ、冬はイルミネーションに彩られる。一年を通じて訪れたい。

住 所 栃木県足利市迫間町607 [MAP]
アクセス ■佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面(約18分)
■太田桐生ICより、国道122号経由、国道50号足利・小山方面(約20分)
■足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面(約15分)
■佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面(約12分)
H P http://www.ashikaga.co.jp/

デートプラン

大藤のスケールに感無量

10:00 大藤のスケールに感無量

園内に入ったら、まずはシンボルツリーの大藤へ。「野田の9尺藤」といい、樹齢150年の長藤だ。根回りは4mをゆうに超え、4月下旬から5月上旬にかけて、最長180cmもある長い花房を660畳敷の藤棚いっぱいにつけてくれる。まさにそれは、息をのむほどの美しさ。藤の大棚3面のほか、むらさき藤のスクリーン仕立てや、池に映る水鏡効果の夜の藤も見事。


白と黄色の花のトンネル

11:00 白と黄色の花のトンネル

甘い香りに包まれて、白藤のトンネルを歩くとカップルのテンションもあがる。真っ白なトンネルをくぐり抜けているようでとっても幻想的。しかもトンネルは80mも続くとは。普段なかなか見ることができないキバナフジという黄色い藤も見頃を迎え、こちらは80mの黄色いトンネル。


見頃を迎えたツツジ

11:30 見頃を迎えたツツジ

藤の季節と重なりながら、初夏を彩る5000本のツツジもかなりの見応え。さらに、5月中旬からは1500株のバラ、6月頃からは20万本の花菖蒲と1500株のアジサイが爽やかに競演。


花を眺めながらランチタイム

12:00 花を眺めながらランチタイム

レストラン「ウェステリア」には、「みかも牛ステーキ丼」や「県産トマトと小エビのスパゲティ」など、旬の食材、地元の食材にこだわったメニューがいろいろ。テイクアウトコーナーでは「佐野ラーメン」「足利名物ポテト入り焼きそば」など、栃木ご当地グルメを販売。


おみやげに藤の花を

1 おみやげに藤の花を

園内のフラワーショップでは藤の苗木が買える。カップルが愛を育むように、一緒に苗木を育ててみよう。藤の開花株は人気があるので売り切れ必至。ほかに、各種鉢植え、花壇苗、観葉植物、サボテン、多肉植物など、おみやげ用に幅広く扱っている。

Pick up インフォメーション

初夏のレインボーガーデン

初夏のレインボーガーデン

初夏の園内も華やか。バラの咲く島は赤や黄色、オレンジや青などのバラの花でうめつくされる。5月中旬から6月上旬にかけては、250種、1500株のバラが咲き誇り、バラの香りが心地よく、豊かな気持ちになれる。ほか、1000本のシャクナゲ、500株のクレマチスも見頃を迎える。


夏は妖艶なスイレンの花

夏は妖艶なスイレンの花

スイレンを野外鑑賞できる施設は意外と少ないが、当園の池では約1500株の熱帯性スイレンが、白、赤、紫、桃、黄、青とさまざまな色の大輪の花を咲かせ、甘く濃厚な香りが漂う。昼咲き種と夜咲き種があり、昼夜を問わず鑑賞できる。見頃は7月上旬から9月下旬


秋はアメジストセージ

秋はアメジストセージ

10月の園内は30万本の紫の花でうめつくされる。これはアメジストセージで、ビロードのような深紫の花は、思わず手にとってみたくなる。フラワーステージでは毎年、この花の中で結婚式を行うカップルもいる。アメジストセージの見頃は10月上旬から11月下旬。


冬は光の花が咲く

冬は光の花が咲く

園全体をイルミネーションで彩る「光の花の庭」は、10月末から2月上旬まで開催。花、自然、季節感を盛り込んだイルミネーションは、日本夜景遺産「関東三大イルミネーション」にも選ばれた。シンボルツリーの大藤は藤色の花をイメージした電飾。白藤、きばな藤にも光の花が咲く。期間中は平日21時まで、土日・祝日は21時30分まで開園する。


足利學校

足利學校

国内最古の學校で、地元では「学校さま」と呼ばれている。平成27年4月、日本遺産に認定された。創建については諸説あるが、歴史が明らかになるのは室町時代中期。上杉憲実が関東管領になると学校を整備し、書籍を寄進したり校長を招き入れ、学生の養成をした。16世紀初めに生徒は3000人を超え、フランシスコ・ザビエルによって海外にも紹介された。

■リリース情報 (別ウインドウ・PDFファイルで開きます)
No. 日時 件名 内容
693 2015.10.24 チラシ フラワーファンタジー 光の庭へ
■活動の様子 (別ウインドウ・PDFファイルで開きます)
No. 掲載日 掲載メディア 件名 備考
4723 2017.03.27 トチペ 紹介 ロマンチックスポット巡り 栃木県の恋人の聖地&サテライト