恋人の聖地|ココからはじまる、幸せ広がれプロジェクト。

プロポーズの言葉コンテスト - 全国から寄せられた言葉や、受賞発表&表彰式の様子などをcheck!

第13回プロポーズの言葉コンテスト2018

■最優秀賞『これからプロポーズ』の部

東京都 小松崎潤さん 男性 会社員 あいつも、もうすぐランドセルをしょうんだな。なあ、僕には君たちの人生をしょわせてくれないか。

《エピソード》シングルマザーの彼女との真剣交際。子どものこと、将来のこと、結婚のタイミング。すごく悩みました。しかし彼女たちを幸せにしたいという気持ちが上回り、プロポーズをすることにしました。夫として父として僕は一歩踏み出します。

《プロポーズの場所》葛西臨海公園

■優秀賞『これからプロポーズ』の部

大阪府 篠崎智一さん 男性 会社員 おじいちゃんになっても、部屋のどこかに隠れて驚かせるからね

《エピソード》彼女と家で一緒にいるときに、彼女がトイレなどですこし部屋を出るタイミングがあります。そういうとき、ぼくは扉やカーテンの裏に隠れて帰って来た彼女を驚かせたり、こっそりトイレの前で待ち伏せて出てきたところを驚かせたりします。彼女は驚きやすく、リアクションはいつも百点満点です。いつまでもこうやってくだらないことができる二人でいたい、と思ってこの言葉を伝えました。いつも驚いては怒っている彼女が、この言葉を伝えると泣き始めたので、ぼくが驚かされてしまいました。秋には結婚へ向けて同棲を始めます。

《プロポーズの場所》家

東京都 田口千尋さん 女性 会社員 うるせぇーーーー!!なんでもいいから結婚しろ!!!!!

《エピソード》お互いに演劇活動で出会い、売れない役者をやっている彼氏。私は演劇活動から遠のき、OLやライターの仕事をしていてひょっとしたら彼より収入は上。交際1年経ったとき、いい機会だと思い手紙で「結婚したい」という気持ちを伝えました。しかし彼はまだ夢を追っていることや経済的にも安定していないことなどから、「結婚はまだ早いかな…」など煮え切らない様子。私も彼も現在33歳。勿論年齢的に結婚したいわけではなく、「相手が今の彼だから」結婚したいということも伝え、「まだ早いって、いつかはするんでしょ? だったら今したって一緒じゃん。つべこべうるせーんだよ!!私もあんたも、多分この先こんなに好きになれる人は現れないんだから黙って結婚しろ!!!!!と一喝。男の人は色々先のこと考えてうじうじ悩んでうざい。女の直感に従えってんだ!!!!

《プロポーズの場所》自宅でお手紙を渡しました♪

北海道 小山内佑真さん 男性 学生 コンビニじゃねえよ区役所だわ。

《エピソード》お付き合いさせていただいて、1年になろうとしている彼女さんとは高校からの馴れあいもあり、すでに家族のような関係になりつつあります。これから社会人として自分の収入に背を凭れられるような時が来たら、重たくなっているであろう腰をあげ、菓子棚の中身も確認せずだまってまっすぐ廊下をくだってゆき、もしも、やつが足音を聞きつけて「(ポテチ買うなら)青のりで」といって顔を出したらそのとき、言い放ってやるつもりなのです。

《プロポーズの場所》自宅の玄関

東京都 ロイさん 男性 その他 マスクはずした顔オレ以外に見せんな

《エピソード》このご時世的、マスクをしているので、素顔を見る機会が少なくなりました。だけど、家の中で家族同士ならばマクスをはずして会話する機会もあると思います。いつもはうるさく落ち着きのない僕ですが、この言葉だけはかっこよく言ってメンズの部分を見せたいです。

《プロポーズの場所》薬局

京都府 玉井伶奈さん 女性 会社員 貴方のイビキを私の子守唄にさせてください。

《エピソード》私は小さい頃から自分の家、自分の布団じゃなければ、ぐっすり寝れなく、少しの音でも目が覚めていました。今お付き合いしている彼は、必ずと言っていいほど、うるさいイビキをかきます。付き合った当初は、こんな人の隣で寝れないと思っていましたが、今までの事が嘘みたいに一度も目を覚まさず朝まで寝る事ができてます。好きな人なので、もちろん安心感があるのですが、イビキも子守唄に聴こえて、ぐっすり寝ることができるので、彼とこれからもずっと隣で毎日を過ごしたいと思い、プロポーズの言葉をこれにしたいと思いました。

《プロポーズの場所》告白されたバー

奈良県 福田大輔さん 男性 会社員 18年後に今度は甲子園のアルプススタンドで子供の応援に一緒に行こう。

《エピソード》私と彼女は2人とも高校野球が好きで春の選抜の甲子園の外野席で出会いました。出会いは2019年3月31日。準々決勝です。2人とも兵庫出身で明石商業がサヨナラホームランで勝利し、ライトスタンドは大盛り上がり。そこで知らない人ばかりでしたが興奮でハイタッチで意気投合して連絡先を交換。もしもあの時、明石商業が負けていたら、そして甲子園観戦しなければ出会いはありませんでした。
選抜高校野球大会の雑誌を一緒に買いに行き、夕方に言いました。コロナで春、夏とも中止になり悲しいですが、来年以降開催される事を祈っています。

《プロポーズの場所》デートでなんばCITYを一緒に歩いた帰り道です。

東京都 水田信二さん 男性 その他 あなたの人生で一番あなたを笑わせた人間になりたい。僕と結婚してください。

《エピソード》彼女とはバイト先のおにぎり屋さんで出会いました。付き合って8年経った今も彼女の笑顔を見るとすごく嬉しくて、それは他の何とも比べようがありません。芸人だけの給料で生活出来るようになったらプロポーズしようと決めて頑張ってきて、今年ようやくバイトを辞める事になりました。先月の単独ライブの日に彼女が観に来てくれたのですが、その日は彼女の誕生日だったのでプロポーズはその日にしました。

《プロポーズの場所》単独ライブ後のお客さんのいなくなった劇場で、舞台上から客席に残ってもらった彼女へ伝えました。

東京都 春日俊彰さん 男性 その他 このハンドソープ1コしか買えないねぇ。

《エピソード》ご時世的に、ハンドソープやマスク、消毒液など薬局でも品薄が続き「お一家族様1個限り」という張り紙をよく目にすることが多くなりました。今までだと、僕と彼女1コずつ買えていたのですが、これからは家族になるので・・・「1コしか買えないねぇ」とサラッと言い、妻の「え?」という反応の中、「結婚しよう」と言ってキレイキレイを買って帰えりたいと思います。

《プロポーズの場所》薬局

埼玉県 小松崎りんさん 女性 会社員 あなたのパンケーキのせいで服は9号から11号に。もはやアポロ計画。もうすぐあなたの心に着陸します。ウェディングドレスは13号でお願いね。

《エピソード》同棲五年。料理担当の彼は年々腕を上げ、私の体重も上がるばかり。この彼と一生おいしい生活がしたいと思い、プロポーズをしました。

《プロポーズの場所》自宅キッチン

東京都 加松恵美子さん 女性 パート·アルバイト 結婚しましょ。一緒に暮せば、会いたいなんて悲しむことなくなるわ。

《エピソード》彼がとにかく仕事や趣味で忙しい人なので、そうでもしなきゃ彼ともっと遠ざかってしまうようで、彼にプロポーズすることを決意しました。ドキドキします。

《プロポーズの場所》近所の大きな公園で彼にプロポーズしようと考えてます。二人の出会いの場所です。

大阪府 馬場真由美さん 女性 会社員 自粛でひとり寂しいから、一緒にいてほしい!

《エピソード》コロナにより外出自粛&完全テレワークとなり、一人暮らしの私は心細く寂しい生活に・・・。一言も声を発さない日が続き、こんな生活は嫌だ!と思い、彼に私からプロポーズしました。来年、結婚します!

《プロポーズの場所》自宅から、彼に電話で伝えました。

静岡県 嶋崎 樹さん 男性 公務員 結婚記念日は、何月何日にしたい?

《エピソード》付き合った日にちが自分の誕生日と近すぎて、同時に祝ってしまうようなことがあります。記念日を大事にする彼女だからこそ、聞いてみたいと思ってます。

《プロポーズの場所》自宅

■優秀賞『今だから伝えたいプロポーズ』の部

茨城県 平原愛里沙さん 女性 主婦 誰にもとられたくないから早く結婚しよ!

《エピソード》付き合って20日、出会って1か月半で入籍しました。周りからは結構心配されましたが結婚3年目の今もとても仲良しです。時間をかけて相手を知る事ばかりが重要な訳じゃなく思い切りも必要なんだなと思いました。

《プロポーズの場所》相手の家

熊本県 永本幸生さん 男性 公務員 これが本番。結婚しよう。

《エピソード》「世界一かわいい彼女に、世界一ながーいプロポーズをしたい。」二人の思い出の場所や普段行けない高級レストランなどに出掛けては、プロポーズしそうでしない、ということをわざと一年間続けました。本番当日、「今日あなたはプロポーズされます。」そう言って出掛けた先は、彼女の大好きな場所。着いてからも、シンデレラ城の前やアトラクション中、いろんな場所で「しそうでしない」を続けました。「どうせプロポーズしないんでしょ?」と笑う彼女に早く指輪を渡したい気持ちをぐっと堪え、準備してきた本番を迎えました。本番は、彼女の誕生日が終わる1分前、交際期間7年間の思い出の写真が飾られたホテルの部屋。本当にプロポーズされないと諦めていたらしく、泣いて驚き、笑って喜ぶ姿がとても愛おしかったです。大成功でした。

《プロポーズの場所》東京ディズニーランド

山口県 安光久美子さん 女性 会社員 B型とA型って相性悪いって言われるけど、良い意味で気をつかわん存在やし、今後出会えんと思う。つまり…俺と結婚してください。

《エピソード》ネットで出会い、始めてのお付き合いしたのが今の旦那さんです。A型とB型ってうまくいかないって聞いてましたが彼の突拍子ない発言とまっすぐな性格と言動にいつも驚かされつつ、ドキドキさせられていました。彼と付き合って五年目、彼の転勤がきまり、自宅に送ってくれた車の中でポロっと言った彼…。あとから「ほんとは旅行とか計画して景色のいいところで言うはずやったんやけど」と照れながら言ってくれてとても嬉しかったのを覚えています。

《プロポーズの場所》自宅まで送ってもらた車の中

長野県 長澤みゆきさん 女性 主婦 全部捨てて 俺んとこに 来い!

《エピソード》お客様の彼と店員の私、2度目の結婚。令和婚。最初はラーメンを運ぶだけだった私、でも確かいつも顔を見るとにこにこしてしまっていた。年と電話番号と名前を聞かれた。電話番号はなかなか教えなかったけど『48さい!子供3人、一人暮らし』と、即答した。やっと教えた携帯番号に、仕事中メールが来た。交際0日婚。でも、36歳ぐらいかと予想していたらしい。残念でした笑

《プロポーズの場所》ラーメンやさんでバイト中、

東京都 花山まりえさん 女性 その他 楽しいこと、辛いこと。いつも「初めて」は、あなたがいい。

《エピソード》結婚して7年になります。未だに、初めての場所や初めての経験は、いちばん最初は彼と二人で思い出を作りたくて…友人たちに誘われてもさりげなく断ってしまいます。笑彼なら良い記憶にしてくれると、これまでの人生から絶対的な信頼があるので、旅行も趣味も好みも、きっかけは彼と迎えたい。わたしの人生を豊かな色にしてくれた、これまでの感謝を込めてのプロポーズです。

《プロポーズの場所》初めて訪れる未知の国で。

神奈川県 中島 舞さん 女性 主婦 赤ちゃんが自分の愛する人と巣立つ日まで、一緒に最後まで見守ろうね

《エピソード》赤ちゃんが生まれ、今は赤ちゃん中心の生活で夫婦ともにバタバタと忙しい毎日を送っています。わたしたちの愛する赤ちゃんが成長し、いつか愛する人が出来てわたしたちの元から巣立って行くまで、二人で一緒に仲良く暖かく愛そうねという想いを夫に伝えたいです。

《プロポーズの場所》家

東京都 太田古都さん 女性 学生 来月、家が建つから一緒に住まないか。

《エピソード》うちのおばあちゃんとおじいちゃんのプロポーズのシチュエーションが素敵なので、応募させてもらいました!おばあちゃんが上京し出稼ぎから帰ってきて参加した同窓会でのことです。一番最後に座敷に入ったおばあちゃんは無意識にいつも通り、全員分の履物を揃えたそうです。後ろから黙ってそれを見ていたおじいちゃんが、再会を果たしたその日のうちに「来月、家が建つから一緒に住まないか」と言われ、そのまま電撃結婚したそうです。おじいちゃんは36歳という若さで膵臓癌で亡くなってしまいましたが、おばあちゃんは美人で地域の人気者ですが、おじいちゃん以上の人はいないと再婚もせず、1人で私の母とおじを育てました。このエピソードを聞いてから結婚の理想が高くなってしまい、これを書いている私は現在絶賛独身(彼氏なし)です!!笑

《プロポーズの場所》岩手県盛岡市の同窓会にて

 
▲トップへ戻る